好きなものをガンガン食べる。いかにも元気な感じがします。しかし、病気になって食事制限がされてしまったらどうしましょう。食事は元気の基本です。
あなたの夢に一歩近づくお手伝いをしますよ。輝かしい未来へ出発!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

その後とその前 瀬戸内寂聴 さだまさし 3・11の前と後

その後とその前 瀬戸内寂聴 さだまさし

3・11の前と後



”変わるべき”ことと、”変わってはいけない”こと



東日本大震災の一年前と、被災から半年後。


この国を思い、「平和」を唱えてきた瀬戸内寂聴さんとさだまさしさん。

二人が初めて正面から語り合った対談集。





その後とその前目次】


第1章 生きるために捨てる。

    原発ショック立ち。

    捨てる勇気。

    テレビの津波と本物の津波。

    落着きのない子と優等生。

    作家の寿命。

    自殺と出家。



第2章 想像できない苦しみがあることを知る。

    放射能という目に見えない恐怖。

    才能を出し尽くして死ぬ。

    震災が露わにした人の持つ本来の優しさ。

    戦争と死。

    日本人はなぜ辛いときに笑うのか。



第3章 感謝して生きる。

    謝り方の下手な日本人。

    お金の問題。

    寂聴さんの出家。

    被災地でのスキンシップ。

    すべての宗教は新興宗教だった。

    代受苦。/犬に叱られる夢。



第4章 許されて生きる。

    日本復活。

    老人の力。

    忘己利他の教え。

    辛いときは助けを求める。

    好奇心と想像力。



第5章 生きるために忘れる。

    政治に文句を言わない若者。

    不犯の高僧。

    目に見えないものを大切にする。

    対談後の雑談。

    最後の雑談。




【送料無料】その...

その後とその前
価格:1,365円(税込、送料別)






瀬戸内寂聴(セトウチジャクチョウ)

1922年5月15日徳島生まれ。作家・僧侶。本名・晴美。63年「夏の終り」で女流文学賞を受賞。73年出家得度。「花に問え」で谷崎潤一郎賞、「場所」で野間文芸賞、「風景」で泉鏡花文学賞など数々の賞を受賞。2006年、文化勲章受章



さだまさし(サダマサシ)

1952年4月10日長崎生まれ。シンガーソングライター・作家。73年に「グレープ」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



スポンサーサイト
  03/11 腎臓病 TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
.
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

genki8056

Author:genki8056
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。