好きなものをガンガン食べる。いかにも元気な感じがします。しかし、病気になって食事制限がされてしまったらどうしましょう。食事は元気の基本です。
あなたの夢に一歩近づくお手伝いをしますよ。輝かしい未来へ出発!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

ああ、イライラする! 首筋や肩がこってつらい! 

毎日の生活は、朝から晩まであらゆることに神経を使い、一刻も気の休まるときがありません。
まして現代のようにめまぐるしく急テンポで変化する時代に適応して生きていくためには、
神経を酷使するのも止むを得ない状況にあります。

このようなストレスから、いろいろな神経症状を起こして苦しみ、うっとおしい毎日を送っている人が多いものです。

奥田脳神経薬は、これらの神経症状を抑えるのに必要な沈静、鎮痛等に効果のある和漢洋の薬剤を配合した、のみやすい錠剤の鎮静剤です。

奥田脳神経薬は、7種の生薬と洋薬を配合した鎮静剤です。
鎮静作用および強壮作用のある各種生薬とブロムワレリル尿素(鎮静作用)他の洋薬を配合したお薬です。

天然の生薬7種と洋薬で効く奥田脳神経薬

【奥田脳神経薬の効能・効果】

いらいら、不安感、頭痛、頭重、のぼせ、めまい、耳鳴り、首肩のこり

成分とはたらき


【奥田脳神経薬の用法・用量】

次の量を、さゆ又は水で服用してください。

大人(15才以上)5錠/1回 1日2回

朝夕、なるべく食後に服用してください。

人により、就寝前に服用すると眠りにくくなることがありますので、
このような方は就寝直前に服用しないで、4~5時間前の服用をおすすめします。

定められた用法・用量を厳守してください。

キャッチ生薬配合




>>>奥田脳神経薬 楽天市場・最安値をさがす





和漢洋薬配合 鎮静剤 奥田脳神経薬

こんな症状でお困りの方へ

●頭が痛い、頭が重い
●首肩のこりがつらい
●気分がイライラする
●不安感がある
●めまい、耳鳴りがする
●頭がのぼせる



元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
.
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

genki8056

Author:genki8056
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。