元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本

好きなものをガンガン食べる。いかにも元気な感じがします。しかし、病気になって食事制限がされてしまったらどうしましょう。食事は元気の基本です。
あなたの夢に一歩近づくお手伝いをしますよ。輝かしい未来へ出発!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

カラダのなかから紫外線対策。緑黄色野菜をしっかり食べて、カラダのなかから抵抗力を高める。

カラダのなかから紫外線対策。緑黄色野菜をしっかり食べて、カラダのなかから抵抗力を高める。

紫外線の対策としては、まず、紫外線にあたることを防ぐことです。

日傘や帽子。
日焼け止め、UVカットの化粧品などを使うことは大切です。

ホウレンソウやニンジン、ブロッコリーなどの色の濃い
緑黄色野菜には、紫外線に対する抵抗力を高める作用があるので、
意識的に食べて、カラダのなかからも紫外線対策をとることができます。



生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅、5大特典付お試し品




元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本
スポンサーサイト
  06/01 紫外線 TB(0) | CM(0)

紫外線は一年中降り注ぐ。

紫外線は一年中降り注いでいるので、常に対策をとる意識が大切です。

紫外線対策として一般的なのはUVカットの化粧品や日焼け止めです。
しかし、UVカットの化粧品や日焼け止めを薄く塗っただけでは
充分な対策とはいえません。

日焼け止めなどのSPF値は、肌1c㎡に2mgを縫った場合の値です。
表示された効果を得るためには顔全体にマスカット1個分ほどの量を
塗ることが必要なのです。

日焼け止めを顔に大量に塗るのに抵抗がある場合は、
ほお骨を中心にファンデーションをしっかり塗るのが効果的です。
ファンデーションには紫外線をはね返す効果があり、
手軽に塗り直せるので持続性も期待できます。


海や山など長時間日光にあたる場所では、多めに日焼け止めを塗ることが大切です。



サンスターオンラインショップ





元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本
  06/01 紫外線 TB(0) | CM(0)

紫外線のストレス。日焼けが気になる季節です。

紫外線のストレス。日焼けが気になる季節です。

日差しが強くなってくるこの季節。
女性は外に出るたびに日焼けが気にかかります。

日焼けの元、紫外線はカラダに悪いということも聞きますが。。。



紫外線は、太陽から放射される光の一種です。

A波、B波、C波の3種に分類されます。

C波はほとんどが地球をとりまくオゾン層に吸収されるため、
地上には届きません。

気をつけたいのはA波とB波です。

肌が赤くなってヒリヒリするなど、一般的に「日焼け」といわれる症状を
引き起こすのがB波。

雲や窓ガラスも通過して皮膚の深部にまで到達し、肌の弾力の元となる
コラーゲンを傷つけるのがA波。

紫外線は、A波、B波、C波すべての波長がカラダに悪いのですが、
特にA波は、天気の悪い日や日の当たる室内にも届くので注意が必要です。


紫外線を浴び続けて、肌へのダメージが蓄積されると
シミやソバカスとなって表れます。
他にも毛穴が広がったりシワが増えるなど、様々な老化現象を引き起こします。

年をとるにつれて、顔がたるんでしまうのは、肌のコラーゲンが痛んだ結果起きる現象です。


日焼け止めなどの表示の意味

SPF

 「サン・プロテクション・ファクター」の略。
 B波の防止効果を表わす値。

 SPF30の日焼け止めなら、肌が炎症を起こすまでの時間を30倍に伸ばすことができる。
 SPF値に20分をかけた時間がB波を防止できる目安時間となる。


PA

 「プロテクション・グレード・オブ・UV・A」の略。
 B波の防止効果を表わしている。



乾燥肌の人がつくった化粧品屋さん





元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本
  06/01 紫外線 TB(0) | CM(0)

偏頭痛、関節の痛み、ぜんそくなどの不快な症状 「雨」と「体調不良」は関係大アリ。その理由と対処方法

雨が降り続く梅雨がやってきます。

毎日毎日、雨続きで憂鬱な気分にもなります。
しかも気分どころか体調まで悪くなってしまうこともあります。



もしかすると、「雨」と「体調」は関係があるのかもしれません。



「雨」と「体調」の関係を調べてみると興味深いことがわかってきました。

気象予報士の村山清司氏によると

「雨と体調の変化には密接な関係があるといわれています。
 雨は低気圧の接近によって降ることが多く、雨の日には
 (1)気圧が下がる、
 (2)湿度が高い、
 (3)昼間の温度が上がらない、
 (4)暗い
 などの特徴があります。
 気圧が低いことや、湿度が高いことによって偏頭痛や関節の痛み、
 リウマチなどが悪化し、昼間の気温が上がらなかったり、暗いために
 カラダのリズムが崩れ、自律神経に変調をきたすといわれています。」ということです。

では体調不良をおこさないためにはどうしたらいいのでしょうか?

 偏頭痛や関節の痛み、リウマチなど(1)気圧が下がることや(2)湿度が高いことが
原因で起きる症状の場合は、なるべく室内を密閉すること。

 (3)昼間の温度が上がらないことには、エアコンを使って朝の気温と昼の気温差を
 大きめに調節することが大事です。衣服などでこまめに調節するのもよいでしょう。
 気分が滅入るときは、これに加えて室内を明るくするようにしましょう。
 昼間から電気をつけて明るくすることによって、気分が落ち込むことを防げます。」

 雨と体調の関係は、気圧や湿度の変化、空の明るさとも深いつながりがあります。
 雨の日が続く梅雨などは、こまめに温度調節や家のなかを明るくして、
 体調万全にしていきましょう。

 
【雨の日に表れる主な不調】
 低気圧が原因で降る雨の場合、気温と気圧が大きく変化するので、
 多くの病気に影響があります。
 特に活発な寒冷前線が通過するときには注意が必要です。

偏頭痛
 
 気圧や温度の変化、ストレス、ホルモンバランスの乱れが原因で起きる。

 頭部の血管が広がり、炎症を起こして痛みが発生するとされる頭痛。
 ズキンズキンと脈打つように痛む。

ぜんそく

 気温や気圧の変化、アレルギー、運動などによって起きる。

 息が苦しい、胸が苦しい、せきがひどいなどの状態が繰り返し起きる症状。
 気道の慢性的な炎症などが原因で発作的に起きる。

関節の痛み、リウマチ、古傷が痛む

 気圧や温度の変化、新陳代謝の低下によって起きる。

 立ったり、座ったりなどの動作を行なうとひざの関節が痛んだり、
 昔骨折をした部分が傷んだりする症状。

気分が滅入る

 気温の変化、ストレスや不規則な生活によって起きる。

 眠れない、めまいがする、憂鬱などのつらい症状が続く状態。







美食同源




元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本
  06/01 その他 TB(0) | CM(0)
.
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

genki8056

Author:genki8056
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。