元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本

好きなものをガンガン食べる。いかにも元気な感じがします。しかし、病気になって食事制限がされてしまったらどうしましょう。食事は元気の基本です。
あなたの夢に一歩近づくお手伝いをしますよ。輝かしい未来へ出発!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

痛風:尿酸値8.5以上は危険信号

1 尿酸値に注意しましょう。

繰り返し測定して7.0mg/dlより高い値が続く場合、尿酸値が高いと判断されることが多いのです。
特に8.5mg/dl以上ある場合は、痛風発作がいつ起こってもおかしくない状態です。

尿酸値が高い場合は放置せず、医師に相談してください。

尿酸の産生は全体の7分の6が体の中で合成され、残り7分の1が食事からの摂取です。
排泄は、尿や便から。
産生過剰や排泄低下が、尿酸値を高くします。


尿酸値

男性7.0mg/dl以上
女性6.0mg/dl以上 は注意が必要。

8.5mg/dl以上は 危険信号


2 治療の基本は薬物療法

痛風の治療は薬物療法を基本に、食事療法や運動療法が行われます。
薬には、尿酸の合成を抑える薬と、尿酸の排泄を促す薬があります。

痛みがとれたからといって自分の判断で中止するのは禁物です。

再発を防止するためにも、治療は生涯続ける必要があります。


>> 【 痛風 】 食事療法のポイント








スポンサーサイト
  06/24 通風 TB(1) | CM(0)

高脂血症:高脂血症を放っておくと



1 さまざまな合併症が出現します。

高脂血症を放っておくと、動脈硬化が進み、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・大動脈瘤・眼底や腎臓の障害など、
さまざまな合併症が起こりやすくなります。
中性脂肪が1000mg以上になると、急性膵炎になることもあります。
皮膚・腱に黄色腫なども現れます。

黄色腫の出やすいところ

眼瞼黄色腫  : まぶた
発疹性黄色腫 : ひざ、すね等
扁平の黄色腫 : ひじ、二の腕等
アキレス腱の肥厚


HDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールの働き

HDL(善玉)の働き:組織(動脈壁)からコレステロールを肝臓に運び出す。
LDL(悪玉)の働き:コレステロールを組織(動脈壁)に運び込む。


2 高脂血症の原因は?

遺伝的な体質や肥満、食べすぎ、運動不足、長期の飲酒などが、高脂血症の原因になります。
糖尿病のコントロールが悪かったり、腎臓病や甲状腺機能低下も高脂血症につながることがあります。

また、女性は更年期になるとコレステロール値が上がりやすいので注意が必要です。


>> 【 高脂血症 】 食事療法のポイント

肝臓:沈黙の臓器からのメッセージ



【1 肝臓病にもっと関心を】

自覚症状の少ない肝臓病ですが、日本では70万人が急性肝炎、130万人が慢性肝炎、30万人が肝硬変、2万人が肝細胞がんにかかっているといわれています。

慢性肝炎の大部分は、B型・C型ウィルスが原因。
そのほか、アルコール性肝障害や肥満による肝脂肪、薬剤性肝炎などがみられます。
ウィルスが原因の肝炎には、抗ウィルス治療(インターフェロンなど)が行われます。
アルコール性肝障害では禁酒が、脂肪肝ではアルコールや菓子類の制限、肥満の解消が治療につながります。



【2 肝臓は無口なは働き者】

肝臓は、日々黙々と、多くの重要な働きをこなしています。
肝臓病が進むと、次の働きが円滑に行われなくなります。

(A)糖質とエネルギー代謝

食事から取込んだ糖質をグリコーゲンとして貯蔵し、必要に応じてグリコーゲンをグルコースに変えて、
血液中に放出し、各組織でのエネルギー源となります。


(B)たんぱく質と資質の代謝

血液中のたんぱく質やいろいろな酵素をつくります。

たんぱく質を分解したときにできる有害なアンモニアも解毒します。
脂肪酸から中性脂肪を作り、組織にエネルギーを供給したり、コレステロールの合成や代謝も行います。

(C)ピリルビンの代謝

古くなった赤血球からできるピリルビンを水に溶けやすい形にして胆汁に排泄します。

(D)胆汁の生成と分泌

コレステロールから、胆汁の主成分である胆汁酸を作ります。
胆汁は脂肪の分解を行います。

(E)解毒作用

身体に生じた毒性物質、外から取込まれた薬物や有害物質を解毒します。


>> 【 肝臓病 】 食事療法のポイント
  06/24 肝臓病 TB(0) | CM(0)

高血圧:サイレント・キラーの撃退法

高血圧:サイレント・キラーの撃退法

1 高血圧は心臓と血管に負担がかかる。

高血圧の状態を放っておくと、心臓は高い血圧に対抗して働くため負担がかかり、次第に機能が低下します。
また、血管にも高い圧力がかかるため、血管壁が薄くなり、動脈硬化を起こします。
その結果、心不全・腎臓病・脳障害などにかかりやすくなります。

高血圧とは、上(収縮期)が140mmHg以上、下(拡張期)が90mmHg以上の場合をいいます。


2 治療は、まずは食事療法が大原則です。

治療を開始するには、まずは食事療法が必要です。
塩分を控え、栄養バランスのとれた食事をとり、アルコールを控えます。
肥満気味の場合は減量をしましょう。
禁煙もぜひ必要です。


3 さらに、定期的に適度な運動を

運動をすると、そのときは血圧が上がりますが、続けているとふだんの血液が低くなっていきます。
(トレーニング効果)
体操・早歩き・水泳・テニス・軽いジョギングなどは無理なく定期的に行いましょう。


>> 【 高血圧症 】 食事療法のポイント

>> 【 高血圧症 】 食事療法のポイント

肥満症:ダイエットの法則

肥満症:ダイエットの法則


1 摂取カロリーを消費カロリーより減らすのが大原則

減量の基本は実に単純。
出ていくカロリーより入ってくるカロリーを減らす。

カロリーを赤字にすればいいのです。

体脂肪1kgは、約7000kcal。
つまり赤字が7000kclになれば、体重が1kg減るというわけです。


Aさんの場合

1日2500kcl ⇒ 1800kclにダウン(2500-1800=700kcl)

700kcl×10日=7000kcl ⇒ 10日で1kg減量


2 運動だけでやせるのは、ほとんど不可能

上のAさんが食事をそのままにして、運動だけでやせようとした場合、1日で700kcl消費するには、
激しい運動が必要になります。

ジョギングなら続けて1時間半。自転車こぎなら続けて2時間半。

運動選手でない限り、運動だけで減量するのは不可能です。


3 生活習慣の見直しが、ぜひ必要

結局、減量するには「よく体を動かして、腹七分目に食べる」のがコツ。
こんな簡単なことが、なかなか実行できないのは「生活習慣」のため。

減量は、生活習慣の見直しから始まります。



>> 【 肥満症:ダイエット 】 食事療法のポイント


●『ビリーズブートキャンプ』7日間チャレンジ 5,000円キャッシュバック!

『Aura(オーラ)』で即効!バスト3カップアップ「フェロモンストレッチ」
無料電子雑誌『Aura(オーラ)』旅行券10万円プレゼント

What is 痛風?




痛風の原因は、血液中の尿酸です。

痛風はその名の通り、風にあたっても痛むというほどの激しい
痛風発作をもたらします。

発作の原因は”尿酸”。

血液中に、さまざまな原因で尿さんが増えすぎると、
体のあちこちに尿酸塩(尿酸の結晶)がたまり、痛みを起こします。

血液中の尿酸値が高いだけで、ほかに症状が出ない場合は、
高尿酸血症と呼ばれます。


これはいわば痛風予備軍。
40歳以上の男性の10人に1人が予備軍だといわれます。
  06/24 通風 TB(0) | CM(0)

What is 高脂血症?




高脂血症は、血液中の資質が多い状態です。

高脂血症というのは、血液中の資質であるコレステロールや中性脂肪などが、正常より多い状態です。

動脈硬化の原因になるため、食事療法などの治療が必要です。

コレステロールには、肝臓から組織にコレステロールを運ぶ【LDL】と、
組織からコレステロールを肝臓に戻す【HDL】があります。

【HDL】が減った状態も、高脂血症と同じように治療が必要です。

静かに忍び寄る”高血圧”にご注意を!



高血圧は特別な症状が出ないことが多く、サイレント・キラーと呼ばれるほどです。


知らない間に血管や心臓に負担がかかり、やがて突然、脳卒中や心臓病の発作を起こす場合があります。


血圧が高いといわれたら、自覚症状がなくても治療を開始しましょう。


原因となる食塩のとりすぎ、肥満、運動不足、アルコールの飲みすぎ、ストレスなどを解消してください。

自覚書状がなくても、異常があれば直ちに治療を!

肝臓病の多くは、自覚症状がありません。
肝臓は予備能力が大きく、かなり病気が進行しないと症状が出ないのです。


肝臓が、”沈黙の臓器”と呼ばれるのはこのためです。

たとえ肝臓が沈黙していても、検査で異常があれば、直ちに治療を始めることが必要です。

一口に肝臓病といっても、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝などさまざまです。

原因や治療法も病態によって異なります。
  06/24 肝臓病 TB(0) | CM(0)

誰でも必ず成功する減量法とは?


「肥満は糖尿病や、高血圧・心筋梗塞など、成人病の原因になります。
ぜひ、肥満を蚊使用してください」

そう言われても、なかなか実行できないのが減量です。

そこで、ついつい「飲めばすぐやせる」「10日で5kg」など、

魅力的なうたい文句にのってしまいがちです。

でも、ダイエットに王道はありません。

どんな方法でも、ダイエットの法則を抜きにやせることはできないのです。

腎臓病と治療のお話

【1 腎臓の働きは?】

腎臓は、背中側の腰のあたりにある、左右一対の空豆形の臓器です。

体の老廃物を排出したり、必要な物質を再吸収して、体をいつもよい状態に保つ働きをしています。

血圧を調整したり、血液を作るのに必要な物質を分泌するのも腎臓の役目です。

腎機能は次のように分類されて、食事のとり方や生活の仕方が決められています。


>>ほぼ正常   Ccr 91以上
>>軽度低下   Ccr 90~61
>>中程度低下  Ccr 60~31
>>腎不全    Ccr 30~11
>>末期腎不全  Ccr 10以下


【2 弱っている腎臓の保護】

腎臓病には多くの種類がありますが、大きく分けると次のようになります。

(1)腎炎 (糸球体腎炎・IgA腎症・膜性腎炎など)
(2)ネフローゼ症候群
(3)腎不全

このなかで、もっとも多いのが糸球体腎炎です。
また、最近では、糖尿病から腎不全になる人が増えています。

治療は腎臓病の状態や時期によって多少異なりますが、共通しているのは弱っている腎臓を保護すること。
腎機能がさらに悪くならないように、休ませます。

それには「安静・保温、適度な運動と休養」「食事療法」「薬物療法」が大切です。

保温:特に腰周りを冷やさないように注意する。夏の冷房や海水浴にも気をつけることが大切。



 

>> 【 急性腎炎 】 食事療法のポイント 






>> 【 慢性腎炎 】 食事療法のポイント




>> 【 ネフローゼ症候群 】 食事療法のポイント




>> 【 急性腎不全 】 食事療法のポイント




>> 【 慢性腎不全 】 食事療法のポイント



>> 【 慢性腎不全 】 食事療法のポイント


 

>> 【 透析治療中 】 食事療法のポイント

  06/22 腎臓病 TB(0) | CM(0)

機能が低下した腎臓にいたわりを


腎臓は老廃物を排出し、必要な物質を再吸収するなど、体をいつもよい状態に保つ働きをしています。

こんな大切な働きをする腎臓ですが、腎臓病には目立った症状はありません。

体がだるい、疲れやすい、頭痛、動悸、ちょっとしたむくみといった何気ない症状が、陣機能低下のシグナルです。

症状がなくても、いったん弱った腎臓を放っておくと、さらに機能が低下するので、きちんとした治療が必要です。
  06/22 腎臓病 TB(0) | CM(0)
.
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

genki8056

Author:genki8056
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。