元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本

好きなものをガンガン食べる。いかにも元気な感じがします。しかし、病気になって食事制限がされてしまったらどうしましょう。食事は元気の基本です。
あなたの夢に一歩近づくお手伝いをしますよ。輝かしい未来へ出発!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

痛風:尿酸値8.5以上は危険信号

1 尿酸値に注意しましょう。

繰り返し測定して7.0mg/dlより高い値が続く場合、尿酸値が高いと判断されることが多いのです。
特に8.5mg/dl以上ある場合は、痛風発作がいつ起こってもおかしくない状態です。

尿酸値が高い場合は放置せず、医師に相談してください。

尿酸の産生は全体の7分の6が体の中で合成され、残り7分の1が食事からの摂取です。
排泄は、尿や便から。
産生過剰や排泄低下が、尿酸値を高くします。


尿酸値

男性7.0mg/dl以上
女性6.0mg/dl以上 は注意が必要。

8.5mg/dl以上は 危険信号


2 治療の基本は薬物療法

痛風の治療は薬物療法を基本に、食事療法や運動療法が行われます。
薬には、尿酸の合成を抑える薬と、尿酸の排泄を促す薬があります。

痛みがとれたからといって自分の判断で中止するのは禁物です。

再発を防止するためにも、治療は生涯続ける必要があります。


>> 【 痛風 】 食事療法のポイント








スポンサーサイト
  06/24 通風 TB(1) | CM(0)

What is 痛風?




痛風の原因は、血液中の尿酸です。

痛風はその名の通り、風にあたっても痛むというほどの激しい
痛風発作をもたらします。

発作の原因は”尿酸”。

血液中に、さまざまな原因で尿さんが増えすぎると、
体のあちこちに尿酸塩(尿酸の結晶)がたまり、痛みを起こします。

血液中の尿酸値が高いだけで、ほかに症状が出ない場合は、
高尿酸血症と呼ばれます。


これはいわば痛風予備軍。
40歳以上の男性の10人に1人が予備軍だといわれます。
  06/24 通風 TB(0) | CM(0)
.
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

genki8056

Author:genki8056
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。