元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本

好きなものをガンガン食べる。いかにも元気な感じがします。しかし、病気になって食事制限がされてしまったらどうしましょう。食事は元気の基本です。
あなたの夢に一歩近づくお手伝いをしますよ。輝かしい未来へ出発!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

肝臓:沈黙の臓器からのメッセージ



【1 肝臓病にもっと関心を】

自覚症状の少ない肝臓病ですが、日本では70万人が急性肝炎、130万人が慢性肝炎、30万人が肝硬変、2万人が肝細胞がんにかかっているといわれています。

慢性肝炎の大部分は、B型・C型ウィルスが原因。
そのほか、アルコール性肝障害や肥満による肝脂肪、薬剤性肝炎などがみられます。
ウィルスが原因の肝炎には、抗ウィルス治療(インターフェロンなど)が行われます。
アルコール性肝障害では禁酒が、脂肪肝ではアルコールや菓子類の制限、肥満の解消が治療につながります。



【2 肝臓は無口なは働き者】

肝臓は、日々黙々と、多くの重要な働きをこなしています。
肝臓病が進むと、次の働きが円滑に行われなくなります。

(A)糖質とエネルギー代謝

食事から取込んだ糖質をグリコーゲンとして貯蔵し、必要に応じてグリコーゲンをグルコースに変えて、
血液中に放出し、各組織でのエネルギー源となります。


(B)たんぱく質と資質の代謝

血液中のたんぱく質やいろいろな酵素をつくります。

たんぱく質を分解したときにできる有害なアンモニアも解毒します。
脂肪酸から中性脂肪を作り、組織にエネルギーを供給したり、コレステロールの合成や代謝も行います。

(C)ピリルビンの代謝

古くなった赤血球からできるピリルビンを水に溶けやすい形にして胆汁に排泄します。

(D)胆汁の生成と分泌

コレステロールから、胆汁の主成分である胆汁酸を作ります。
胆汁は脂肪の分解を行います。

(E)解毒作用

身体に生じた毒性物質、外から取込まれた薬物や有害物質を解毒します。


>> 【 肝臓病 】 食事療法のポイント
スポンサーサイト
  06/24 肝臓病 TB(0) | CM(0)

自覚書状がなくても、異常があれば直ちに治療を!

肝臓病の多くは、自覚症状がありません。
肝臓は予備能力が大きく、かなり病気が進行しないと症状が出ないのです。


肝臓が、”沈黙の臓器”と呼ばれるのはこのためです。

たとえ肝臓が沈黙していても、検査で異常があれば、直ちに治療を始めることが必要です。

一口に肝臓病といっても、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝などさまざまです。

原因や治療法も病態によって異なります。
  06/24 肝臓病 TB(0) | CM(0)
.
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

genki8056

Author:genki8056
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。