元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本

好きなものをガンガン食べる。いかにも元気な感じがします。しかし、病気になって食事制限がされてしまったらどうしましょう。食事は元気の基本です。
あなたの夢に一歩近づくお手伝いをしますよ。輝かしい未来へ出発!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

カラダのなかから紫外線対策。緑黄色野菜をしっかり食べて、カラダのなかから抵抗力を高める。

カラダのなかから紫外線対策。緑黄色野菜をしっかり食べて、カラダのなかから抵抗力を高める。

紫外線の対策としては、まず、紫外線にあたることを防ぐことです。

日傘や帽子。
日焼け止め、UVカットの化粧品などを使うことは大切です。

ホウレンソウやニンジン、ブロッコリーなどの色の濃い
緑黄色野菜には、紫外線に対する抵抗力を高める作用があるので、
意識的に食べて、カラダのなかからも紫外線対策をとることができます。



生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅、5大特典付お試し品




元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本
スポンサーサイト
  06/01 紫外線 TB(0) | CM(0)

紫外線は一年中降り注ぐ。

紫外線は一年中降り注いでいるので、常に対策をとる意識が大切です。

紫外線対策として一般的なのはUVカットの化粧品や日焼け止めです。
しかし、UVカットの化粧品や日焼け止めを薄く塗っただけでは
充分な対策とはいえません。

日焼け止めなどのSPF値は、肌1c㎡に2mgを縫った場合の値です。
表示された効果を得るためには顔全体にマスカット1個分ほどの量を
塗ることが必要なのです。

日焼け止めを顔に大量に塗るのに抵抗がある場合は、
ほお骨を中心にファンデーションをしっかり塗るのが効果的です。
ファンデーションには紫外線をはね返す効果があり、
手軽に塗り直せるので持続性も期待できます。


海や山など長時間日光にあたる場所では、多めに日焼け止めを塗ることが大切です。



サンスターオンラインショップ





元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本
  06/01 紫外線 TB(0) | CM(0)

紫外線のストレス。日焼けが気になる季節です。

紫外線のストレス。日焼けが気になる季節です。

日差しが強くなってくるこの季節。
女性は外に出るたびに日焼けが気にかかります。

日焼けの元、紫外線はカラダに悪いということも聞きますが。。。



紫外線は、太陽から放射される光の一種です。

A波、B波、C波の3種に分類されます。

C波はほとんどが地球をとりまくオゾン層に吸収されるため、
地上には届きません。

気をつけたいのはA波とB波です。

肌が赤くなってヒリヒリするなど、一般的に「日焼け」といわれる症状を
引き起こすのがB波。

雲や窓ガラスも通過して皮膚の深部にまで到達し、肌の弾力の元となる
コラーゲンを傷つけるのがA波。

紫外線は、A波、B波、C波すべての波長がカラダに悪いのですが、
特にA波は、天気の悪い日や日の当たる室内にも届くので注意が必要です。


紫外線を浴び続けて、肌へのダメージが蓄積されると
シミやソバカスとなって表れます。
他にも毛穴が広がったりシワが増えるなど、様々な老化現象を引き起こします。

年をとるにつれて、顔がたるんでしまうのは、肌のコラーゲンが痛んだ結果起きる現象です。


日焼け止めなどの表示の意味

SPF

 「サン・プロテクション・ファクター」の略。
 B波の防止効果を表わす値。

 SPF30の日焼け止めなら、肌が炎症を起こすまでの時間を30倍に伸ばすことができる。
 SPF値に20分をかけた時間がB波を防止できる目安時間となる。


PA

 「プロテクション・グレード・オブ・UV・A」の略。
 B波の防止効果を表わしている。



乾燥肌の人がつくった化粧品屋さん





元気力で健康UP 病気に負けない 食は元気の基本
  06/01 紫外線 TB(0) | CM(0)
.
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

genki8056

Author:genki8056
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。